「私」は、ただ「反応」しているだけ。

アラフォー独身女子(彼女はいます)。「人生これでいいのか?」と思いながらも、「毎日楽しく暮らす」のが1番の望み。

ただただ、ダラダラしてしまう・・・。

 

 

ブログを書くペースが徐々に落ちている。

特に何ががあったというわけではない。

なんとなく延び延びになっているだけ。

 

じゃあこれまで快調に書いてきていたかというと、そんなことは全くなく。

 

次は何を書こうかと考え、テーマが思い浮かび、ちょっとイメージしてみたりなんかして、でも時間が経つと別のことが書きたくなり、それを何回も繰り返すこともあり、結局、もうそろそろいい加減書こうかというタイミングのときに書きたいことを書く。

というのを繰り返してきた。

 

ブログを書く時間帯とか、どのくらいのペースで書くかという目標も特に決めていないので、ずっと書かなくてもいいかもと思ってしまったり、でもこうやって書いていると、毎日だって書けそうな気がしたり。けど無理。そんな感じ。

 

 

規則正しく時間を有効に使える人と、そうでない人がいて、まあその中間もいるのだろうけど、私は規則正しくに憧れながら、かなりの時間を湯水のように無駄に使ってしまうタイプ。

 

規則正しいのが結局は楽なんだってわかっているけど、それは頭だけでわかっているのであって、行動が変わらないってことは、腹からわかってはいないということで。

 

明日書けばいいか、の連続。

 

 

そういえば、昔付き合っていた人と喧嘩のようになったときに、私からちょっと距離を置きたいと言ったことがあった。電話で。

 

そのときは数日くらいのつもりで言ったのに、「連絡するのは明日にしよう」が続いた結果、2,3ヶ月経ってしまったことがあった。正確な期間は忘れてしまったけど、1ヶ月ではなかったと思う。

 

病的な感性を持っていて、今思えばモラハラ的な要素も多分にある人だったから、毎日自由を噛みしめていたというのはあるのだけど。それにしても我ながらちょっと酷い。でも、向こうも連絡してこなかったのだから何か意地でもあったのか。私は自由を満喫していただけなのだけど。

 

その人とは、その後しばらくして正式に別れたけれど、「のい子(私)のような人間は社会で上手くやっていけないだろうから自分が支えてあげてもいいよ」的なメールを送ってきたので、丁重にお断りしたという思い出。

 

 

何かというと、「明日にしよう」と思ってしまう。

休みの日に、「次の休みの日にやろう」と思ってしまう。

 

それなのに、やりはじめると途中で止めたくなくて、取り憑かれたようにやり続けるということもよくある。

 

無為に過ごす時間の合間に訪れる集中タイムを細々と積み重ねることによって、なんとかかんとかやってこれている。

 

コンスタントに頑張り続けたいけれど、それがとてつもなく難しい。

規則正しい人、すごいよ。ほんとうに。

 

 

あと、朝型も難しい。

 

昔は睡眠の本もいろいろ読んでみた。

今はもう諦めて流れに任せてるけど。

 

 

ベッドから離れること

 

脳では「考えてから行動に移す」ではなく、「やってみてから考える」ことが重要

 

脳は脳から出力することで情報処理の仕組みをつくる、つまり脳の学習は出力依存型である

 

 

何の本だったかはもうわからないけれど、大学時代に書き写した文章。

 

非常に感心したのだけど、やはり起き上がるのがとても難しいのであって・・・、アドバイスを活かせぬまま40歳になってしまった。

脳の仕組みについては、起きてさえいれば余裕で活かせる知識なのだろうけど、それがきちんと活かされていればダラダラすることもないのだろうから、やっぱりほとんど私の身にはなっていない知識なのだ。

 

 

最近では、生まれながらに朝方の人と夜型の人がいるという説が出てきたそうで、非常に救われる思いをしている。

夜型の人が無理に朝早く起きると、鬱っぽくなることもあるという。

 

学校なども、年齢が上がれば上がるほど、遅い時間から開始した方が学習効率が良いという研究結果もあるとのこと。

 

夜型の人は、背徳感を抱えつつも、深夜の、ときには夜通し起きていて白々と空が明るくなるころの、他人の気配の消えた静けさを味わう心地よさを捨てられないのではないかとも思うしね。

夜型の人にしか生み出せないものもあるだろう。

 

などと自分を励ましつつ・・・。

そんなこんなで、時間を上手く扱えない。

常に上手く扱いたいと願っているにもかかわらず。

願っているだけでなく、ルーティンを決めてみるなど工夫をしているにもかかわらず。

続かないよね・・・。

 

 

いや~~~~、なんの解決策も方向性もない、ただの嘆きを書き連ねただけなのですが。

 

時間の有効活用ができなくて自己嫌悪に陥りがちな方には、自分だけじゃない、やっぱり難しいよね、と少し気が楽になっていただければ。

そして、規則正しい生活ができている人には、自分には特別な才能があるのだと自己肯定感を高めていただければ幸いです。